ドイツあざみ(ドイツ薊)

Japanese thistle     プロフィール

  キク科アザミ属の常緑多年草で、学名は Cirsium japonicum cv.。
  わが国の本州から四国・九州に分布する「のあざみ」の園芸品種群です。「ドイツ」という名前がありますが、わが国で作出されたものです。高さは40〜150センチになり、紅紫色や紅色、ピンク色や白色などの花色があります。5月から6月ごろ、茎頂にテマリ形の頭花を咲かせます。
  系統・品種と用途

  「ドイツあざみ」は、別名で「はなあざみ(花薊)」とも呼ばれます。花色が鮮やかな「寺岡あざみ」や「楽音寺あざみ」などの品種が一般的です。葉や総苞に鋭いトゲが多いのが難点ですが、花壇などに植えると毎年花を楽しめ、切花としても利用できます。
  栽培のポイント

  「ドイツあざみ」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ

花期
 (翌年)

 


152025

発芽適温

15-20

生育適温

15-20

栽培のポイント

  日当たりと水はけの良い場所が最適ですが、耐陰性があるので多少は日陰でも栽培できます。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

6.0-7.0

栽培のポイント

  水はけのよい、ほとんど中性の土壌を好みます。酸性土壌では石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

栽培間隔

0-(1)


栽培のポイント

  多年草ですが、植え続けると生育が不良になってきます。株分けするなどして植え替えた方が賢明です。
  栽培のステップ

  「ドイツあざみ」を栽培するとき、種まきから開花期までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

種まき・育苗

(1) 育苗箱にタネまき用土を入れ、ばらまきします。覆土はごく薄く2ミリほど掛けます。

Japanese thistle


(2) 発芽したら間引きをして、本葉が2〜3枚のころに3号ポットに植え替えて育苗します。

植えつけ

(1) 本葉が5〜6枚くらいになったら、日当たりと水はけのよい場所に、株間25〜30センチで植えつけます。鉢植えでは、6号鉢に1株が目安です。

Japanese thistle


(2) 庭植えの場合は、堆肥と腐葉土、油かすなどをすき込み、鉢植えの場合は、赤玉土小粒7に腐葉土3の割合で混ぜたものを用土とします。

生育管理

(1) 早めに定植して、霜の降りる前に根が十分張るようにします。

Japanese thistle

Japanese thistle


(2) 土の表面が乾いてから、たっぷりと水を与えますが、乾き気味に管理します。

(3) 寒さには強いですが、霜害にあわないように敷わらなどをして冬越しします。

(4) 春先に有機固形肥料を置き肥として施します。徒長するので、窒素分は控えめにしてください。

(5) 草丈がかなり伸びるので、春に摘心すると少しは高さが低くなり、枝数が増えます。倒伏しないように支柱を立ててください。
  おもな病害虫

  「ドイツあざみ」は丈夫ですが、うどんこ病やアブラムシなどの病虫害があります。

病害虫名

症状
対策

アブラムシ類

  体長2〜4ミリの小さな虫が、新芽や茎に群がって汁を吸います。

  パイベニカ乳剤やオレート液剤などの殺虫剤を散布します。小面積の散布には、スプレータイプが手軽です。他の害虫も多いので、オルトラン粒剤を散布して、予防することも効果的です。

うどんこ病

  若い葉や茎の表面に、うどん粉をまぶしたように白いカビが一面に生えます。

  サプロール乳剤やカリグリーン、トップジンMスプレーなどの殺菌剤を散布します。
  写真提供: 「ボタニックガーデン」  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに