ききょう(桔梗)

Baloon flower     プロフィール

  キキョウ科キキョウ属の多年草で、学名は Platycodon grandiflorum。
  わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国北部に分布しています。日当たりのよい草地に生え、高さは50〜100センチになります。古く万葉の時代には「あさがお」と呼ばれました。お屠蘇の材料や、乾燥した根を桔梗根(ききょうこん)と呼び、たん去りの妙薬として利用されています。
  系統・品種と用途

  「ききょう」は、古くから秋の七草として親しまれてきた宿根草です。園芸品種も数多く、一重咲きのほかに二重咲きや八重咲きもあります。また5月から6月に咲き始める早生種や、草丈が15〜30センチの矮性種もあります。
  栽培のポイント

  「ききょう」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ

花期

 


152025

発芽適温

15-20

生育適温

15-25

栽培のポイント

  暑さにも寒さにも、とても強いので、ふつうは放任しておいても育ちます。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

5.0-6.0

栽培のポイント

  水はけのよい、中性に近い弱酸性を好みます。強い酸性土壌では石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

栽培間隔

0


栽培のポイント

  多年草なので、連作しても支障はありません。ただ株が古くなると元気がなくなるので、3年に1回、株分けします。
  栽培のステップ

  「ききょう」を栽培するとき、種まきから開花期までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

種まき・育苗

(1) ふつうは4月から5月ごろに、育苗箱にばらまきします。タネの表面が硬いので、水に一晩漬けておきます。覆土はタネが隠れる程度です。

(2) 日なたに置き、土の表面が乾いたら水やりをします。

(3) 本葉が2〜3枚のころ、3号ポットに1株ずつ移植します。

植えつけ

(1) 本葉が5〜6枚になったころ、日当たりと水はけのよい場所に、株間10〜15センチで植えつけるか、5号鉢に1株を目安に植えつけます。

(2) 庭植えの場合は、堆肥と化成肥料をすき込みます。
  鉢植えの場合は、赤玉土小粒7に腐葉土3の割合で混ぜたものに化成肥料を加えたものを用土とします。

(3) 夏の乾燥には弱いので、水やりを多めにし、株元に敷きわらをします。

(4) 高性種の場合は、倒れやすいので支柱を立てます。

生育管理

(1) 水やりは、土の表面が乾いたら与えてください。

Baloon flower

Baloon flower


(2) 花が咲き終わったら、茎を半分くらいに切り戻しておくと、秋にまた花が咲きます。

(3) 花が終わったころ、株元に有機固形肥料などの置き肥を施します。

(4) 株が古くなると元気がなくなるので、3年に1回、3月または10月に、1〜3芽をつけて株分けしてください。あまり古くなると株が腐ることがあります。
  おもな病害虫

  「ききょう」にはあまり病気はありませんが、おもな病害虫は、つぎのようなものです。

病害虫名

症状
対策

ヨトウムシ類

  昼間は株もとなどに潜み、夜に葉を食害します。

  探し出して駆除します。多発する場合には、オルトラン粒剤やオルトラン水和剤などを散布します。
  写真提供: 「ボタニックガーデン」  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに