マリーゴールド

    プロフィール

  キク科タゲテス属の一年草で、学名は Tagetes sp.(属の総称)。
  メキシコから中央アメリカが原産です。高さが30〜50センチになるフレンチ系(孔雀草)と、50〜100センチのアフリカン系(万寿菊)に大別されます。最近では、草丈が低く花も小さめのメキシカン系も見かけます。7月から10月ごろ、オレンジ色や赤褐色、黄色、黄白色などの花を咲かせます。
  系統・品種と用途

  「マリーゴールド」は、初夏から秋にかけて、花壇や鉢を黄金色に彩ります。園芸品種も数多く作出され、丈夫で育てやすいのでお馴染みの草花です。また、根に「線虫類」の増殖を抑制する物質がでるので、コンパニオンプランツとしてよく知られたいます。
  栽培のポイント

  「マリーゴールド」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ

花期

 


152025

発芽適温

15-20

生育適温

10-25

栽培のポイント

  耐暑性はありますが、真夏の西日は避けた方が賢明です。寒さには弱い植物です。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

6.0-7.0

栽培のポイント

  水はけのよい、中性に近い弱酸性の土壌を好みます。強い酸性土壌では石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

栽培間隔

0


栽培のポイント

  連作障害は見られません。
  栽培のステップ

  「マリーゴールド」を栽培するとき、種まきから開花期までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

種まき・育苗

(1) 連結ポットや3号ポットにタネまき用土を入れ、タネを3〜5粒ずつ蒔きます。3ミリくらいの覆土を掛けます。












(2) 本葉が2〜3枚になったころ一本立ちにして、本葉が4〜5枚のころまで育苗します。

植えつけ

(1) 本葉が4〜5枚くらいになったら、日当たりと水はけのよい場所に、株間20〜30センチで植えつけます。鉢植えでは、5号鉢に1株が目安です。




(2) 庭植えの場合は、堆肥と腐葉土、油かすなどをすき込み、鉢植えの場合は、赤玉土小粒7に腐葉土3の割合で混ぜたものを用土とします。

生育管理

(1) 長期間花を咲かせるので、肥料を切らさないことが大切です。真夏を除いて2週間に1回の液肥、または有機固形肥料の置き肥を与えてます。










(2) 土が乾いてきたら、たっぷりと水やりをします。乾き気味に管理します。

(3) 草丈の高い品種は、5月から6月ごろに摘芯しておきます。

(4) 咲き終わった花は、花茎ごと切り取ります。8月ごろに半分くらいに切り戻すと、秋にまた花が楽しめます。
  おもな病害虫

  「マリーゴールド」には、とくに病気はありません。春になるとよくハダニがつきます。予防のために、水やりのときは葉裏にもよく水をかけてください。

病害虫名

症状
対策

ハダニ類

  葉の裏に寄生して汁を吸います。被害が進むと白っぽく絣(かすり)状になります。

  テルスタースプレーやパイベニカスプレー、園芸用でんぷんスプレーなどの殺虫剤を散布します。
  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに