レモンバーム (西洋山薄荷)

Lemon balm     プロフィール

  シソ科セイヨウヤマハッカ属の多年草で、学名は Melissa officinalis。
  ヨーロッパの中・南部から西アジアが原産です。湿り気のある場所や放棄地などに生え、高さは40〜70センチになります。葉には爽やかなレモンの芳香があります。6月から7月ごろ、葉腋に淡いピンク色の唇形花を咲かせます。ミツバチがよく飛来するので「ビーバーム」の別名があります。
  系統・品種と用途

  「レモンバーム」は、和名では「せいようやまはっか(西洋山薄荷)」と呼ばれます。生葉をレモンの香りの風味づけに利用します。サラダやオムレツ料理、ハーブティーまたは入浴剤としても使うことができます。斑入りの園芸品種もあります。
  栽培のポイント

  「レモンバーム」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ

収穫

 


152025

発芽適温

15-20

生育適温

15-25

栽培のポイント

  温暖な気候を好みます。耐暑性はありますが、真夏は半日陰が最適です。また湿り気のある場所を好みますので水切れに注意してください。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

6.0-7.5

栽培のポイント

  ほとんど中性の用土を好みます。酸性土壌ではかならず石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

作付け間隔

0


栽培のポイント

  ほとんど連作障害はありません。それでも、できるだけ連作は避けることが賢明です。
  栽培のステップ

  「レモンバーム」を栽培するとき、種まきから収穫までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

種まき・育苗

(1) 育苗箱にばらまきするか、3号ポットにタネまき用土を入れ、3〜4粒ずつまきます。
  タネが細かいので、軽く押さえる程度にします。

(2) 本葉が2〜3枚になるまで育苗し、間引いて1本立ちにします。

畑の準備

(1) 酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間くらい前までに石灰を施し、よく耕します。

(2) 畝全体をよく耕し、元肥として堆肥と油かす、化成肥料を入れてすき混みます。
  そのあと幅90センチ、高さ10センチほどの畝を立てます。

植えつけ

(1) 本葉が2〜3枚くらいに育ったころに植えつけます。

(2) 畝に、株間30センチの間隔で植え穴を掘り、根鉢を崩さないようにして植えつけます。
  6〜7号鉢に1株、65センチのプランターには2〜3株を植えることができます。

(3) 2〜3年に一度は、タネをまき直すか、株分けや挿し木をして更新してください。

追肥・管理

(1) 2か月に1回、固形肥料の置き肥か、2週間に1回の割合で液肥を追肥として与えます。

Lemon balm


(2) 夏の暑さや乾燥に弱いので、寒冷紗で日除けや株元に敷きわらをして、水切れをおこなさいように注意します。

(3) 花が咲いた後、蒸れを防ぐために10センチくらいまで切り戻します。

(4) 霜が降りる前に切り戻し、敷きわらをして防寒をしておきます。

収穫

(1) 必要な分だけを摘み取って利用します。

Lemon balm

Lemon balm

(2) 生育中はいつでも収穫できますが、花の咲き始めがもっとも香りが強くなります。
  おもな病害虫

  「レモンバーム」には、ほとんど病虫害がありません。
  写真提供: 「ボタニックガーデン」  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに