ルッコラ(黄花清白)

Rocket     プロフィール

  アブラナ科キバナスズシロ属の一年草で、学名は Eruca vesicaria ssp. sativa。
  地中海沿岸が原産です。春または秋播きの一年草で、真夏以外は栽培ができます。3月から4月ごろ、クリーム色に紫色の縞模様の花を咲かせます。この花も食用になります。野生種の花が黄色なので、和名では「きばなすずしろ(黄花清白)」と呼ばれます。ちなみに「ルッコラ」というのはイタリア語です。
  系統・品種と用途

  「ルッコラ」は、「ロケット」とも呼ばれ、葉や花にごまのような香りと爽やかな辛さをもつ、サラダや炒め物向きのハーブです。生育も早く、短期間で収穫できるので、栽培しやすい野菜です。
  栽培のポイント

  「ルッコラ」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ

収穫

 


152025

発芽適温

15-20

生育適温

15-20

栽培のポイント

  耐暑性がかなり強く、暖地では露地でも十分越冬します。ただ、暑さには弱いので、真夏には遮光栽培することが必要です。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

6.0-7.5

栽培のポイント

  あまり土壌は選びません。ただ強い酸性土壌では石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

作付け間隔

1-(2)


栽培のポイント

  やや連作に弱いので、いちど栽培したところでは、少なくとも1年は栽培しないでください。
  栽培のステップ

  「ルッコラ」を栽培するとき、種まきから収穫までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

種まき・育苗

(1) 育苗箱にタネまき用土を入れ、10センチくらいの間隔で条まきします。1センチくらいの覆土をかけ、十分に水やりします。

(2) 直まきするときは、畝の直角方向に15センチ間隔でまき溝をつけます。

(3) 本葉が2枚のころに間引いて、4〜5センチ間隔にします。本葉が4〜5枚になるまで育苗します。

畑の準備

(1) 強い酸性土壌のときは、植えつけの2週間くらい前までに石灰を施し、よく耕します。

(2) 畝の真ん中に20センチほどの溝を掘り、元肥として堆肥と油かすを施して埋め戻します。
  そのあと周りから土を盛り上げ、幅90センチ、高さ10センチほどの畝を立てます。

植えつけ

(1) 本葉が4〜5枚ころに、条間15センチ、株間5〜10センチで定植します。

(2) 鉢やプランターに栽培するときも、株間5〜10センチに植えつけます。

水やり・追肥

(1) 生育中は、土の表面が乾いたらたっぷりの水を与えます。

(2) 追肥はほとんど不要です。

収穫

(1) タネまきから5〜6週間、草丈が15センチほどになったら収穫です。大きくし過ぎると硬くなるので、早めに収穫します。

Rocket

Rocket

(2) 少量ずつ利用する場合は、葉を摘み取って収穫します。

(3) 葉を利用するときは、花茎が伸びてきたら早めに摘み取ります。咲いた花も、摘み取ってサラダの彩りに利用できます。
  おもな病害虫

  「ルッコラ」には、比較的病気は少ないですが、アブラナ科に定番の害虫がつきます。無農薬栽培のときは、白色のべた掛け資材や防虫ネットで被います。
  写真提供: 「ボタニックガーデン」  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに