ブロッコリー(緑花椰菜)


    プロフィール

  アブラナ科アブラナ属の一・二年草で、学名は Brassica oleracea var. botrytis。
  ヨーロッパの地中海沿岸が原産です。「キャベツ」の変種で、ローマ時代から食用にされていました。栽培が始まったのは16世紀ごろです。わが国では、第二次大戦後に普及しました。高さは、50〜80センチになり、3月から4月ごろ、黄色い花を咲かせます。食用にするのは、緑色の花蕾です。和名では「みどりはなやさい(緑花椰菜)」と呼ばれます。
  系統・品種と用途

  「ブロッコリー」は、緑黄色野菜の代表ですが、品種も多彩で極早生種から中生種、晩生種までがあります。それぞれまき時や収穫時期が大きく異なりますので、栽培するときには注意が必要です。近年、花茎が長く伸び、先端に小型の花蕾をつける「スティックブロッコリー」も市販されています。
  栽培のポイント

  「ブロッコリー」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ

収穫
 (翌年)

 


152025

発芽適温

15-30

生育適温

15-20

栽培のポイント

  暑さには弱いので、夏の育苗は寒冷紗などを掛けて日差しを防ぎます。また寒さにもやや弱いので、霜よけが必要です。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

6.0-6.5

栽培のポイント

  中性に近い、弱酸性を好みます。強い酸性土壌ではかならず石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

作付け間隔

1-(2)


栽培のポイント

  いちど栽培したところでは、少なくとも1年は栽培しないようにしてください。
  栽培のステップ

  「ブロッコリー」を栽培するとき、種まきから収穫までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

種まき・育苗

(1) 3号ポットにタネまき用土を入れ、3〜4粒をまきます。覆土は3〜5ミリほどです。












(2) 葉が重なり合わないように間引いていき、1本立ちにします。

(3) 本葉が5〜6枚になるまで育苗します。

畑の準備

(1) 酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間くらい前までに石灰を施し、よく耕します。

(2) 畝の真ん中に深さ20〜30センチの溝を掘り、堆肥と油かす、化成肥料を入れて埋め戻します。幅90(40)センチ、高さ10センチほどの畝を立てます。

植えつけ

(1) 本葉が5〜6枚くらいに育ったころ、条間45センチ、株間40センチくらいに植えつけます。






(2) 深植えしないように注意し、株もとが少し高くなるようにします。

(3) 8号以上深鉢に1株、65センチの深型プランターなら2株が植えられます。

追肥・管理

(1) 植えつけの20日後くらいに、化成肥料や有機固形肥料を追肥として与えます。






(2) 花蕾がでたころと、頂花蕾の収穫直後にも追肥します。

(3) 生育期は土の表面が乾けば水を与えますが、根は湿害に弱く根腐れを起こしますので、水たまりの生じないように排水に注意してください。

収穫

(1) 花蕾が充実したころに収穫します。葉腋からでる側花蕾も、小さいですが収穫して利用します。

Broccoli

Broccoli

Broccoli

Broccoli


(2) スティックブロッコリーの場合は、つぎつぎと伸びてくる側花蕾を折って収穫します。
  おもな病害虫

  「ブロッコリー」は、アブラナ科の野菜ですので、いろいろな病虫害が発生します。
    おもしろ百科

  「スティックブロッコリー」

  「ブロッコリー」と中国野菜の「かいらん(芥藍)」との交配種です。花蕾が小さくて花茎が長いのが特徴です。真夏と真冬をのぞいて、いつでもタネがまけ、長期間収穫できます。
  頂花蕾は早めに収穫し、側花蕾の伸びをうながすことが大切です。
  写真提供: 「ボタニックガーデン」  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに