セロリ(オランダ三葉)


    プロフィール

  セリ科オランダミツバ属の二年草で、学名は Apium graveolens var. dulce。
  ヨーロッパから西アジア、インドにかけてが原産です。海岸沿いの湿地などに生え、高さは30〜75センチになります。古代ギリシャでは薬用や煮物に利用したそうです。わが国へは明治時代に導入されましたが、本格的な普及は戦後のことです。茎や葉がサラダや漬け物、香味野菜として利用されます。和名では「オランダみつば(オランダ三葉)」と呼ばれます。
  系統・品種と用途

  「セロリ」は、独特の香りと葉に少し苦みがあり、くせのある野菜ですが、さまざまな料理に利用されます。わが国での栽培品種は、ほとんどがコーネル系ですが、スープセロリのような品種もあります。低温にあうと花芽分化するので、初夏にタネをまき、晩秋から冬に収穫するのが一般的です。
  栽培のポイント

  「セロリ」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ

収穫


 


152025

発芽適温

15-20

生育適温

15-20

栽培のポイント

  冷涼な気候を好むため、風通しのよい場所で栽培し、真夏には寒冷紗などで遮光します。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

6.0-6.8

栽培のポイント

  中性に近い、弱酸性を好みます。強い酸性土壌ではかならず石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

作付け間隔

1-(3)


栽培のポイント

  いちど栽培したところでは、少なくとも1年は栽培しないようにしてください。
  栽培のステップ

  「セロリ」を栽培するとき、種まきから収穫までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

種まき・育苗

(1) タネは発芽しにくいので、まく前に一昼夜、水に漬けておきます。










(2) 連結ポットや3号ポットにタネまき用土を入れ、タネを3〜4粒ずつまきます。好光性のため、覆土はごく薄く、タネがかくれる程度にします。

(3) 本葉が3枚のころに、3号ポットに移植して、本葉が7〜8枚になるまで育苗します。

畑の準備

(1) 酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間くらい前までに石灰を施し、よく耕します。

(2) 畝の全面に、堆肥や油かす、鶏糞、化成肥料などを入れてよくすき込みます。幅90センチ、高さ10センチほどの畝を立てます。

植えつけ

(1) 本葉が7〜8枚くらいに育ったころ、条間45センチ、株間30センチくらいに植えつけます。

Celery

Celery


(2) 移植を嫌うので、根を傷めないように気をつけ、また株元を埋めすぎなしようにします。植えつけの後にたっぷりと水を与えます。

(3) 65センチの深型プランターなら2株が植えられます。

追肥・管理

(1) 生育期間が長く、多肥を好むので、2〜3週間ごとに油かすや化成肥料を追肥として与え、土寄せします。

Celery

Celery

Celery


(2) 真夏には直射日光を避けるために日よけをして、乾燥させないように株元に敷きわらをします。また生育には、多くの水分を必要としますので、水やりを欠かさないようにします。

(3) 黄変した外葉は、病気の原因にもなりますのでこまめに摘み取るようにします。

収穫

(1) 草丈が40センチ以上になった株を収穫します。収穫が遅れると、すが入るので注意が必要です。

Celery

Celery

(2) 栄養素は茎よりも葉の方に多いので、捨てないで利用してください。
  おもな病害虫

  「セロリ」には、キアゲハやアブラムシがよくつきます。また、雨が続く時期には軟腐病が発生することがあります。
  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに