だいこん(大根)


    プロフィール

  アブラナ科ダイコン属の一年草で、学名は Raphanus sativus var. longipinnatus。
  中央アジアから地中海沿岸にかけてが原産です。すでに古代エジプトでは栽培が行われていました。わが国へは、縄文から弥生時代に渡来したものといわれます。3月から4月ごろ、白色または薄紫色の4弁花を咲かせます。肥大した根茎は、春の七草のひとつで、古くは「すずしろ(清白)」と呼ばれました。
  系統・品種と用途

  「だいこん」は、古くから栽培され、数多くの地方品種も生まれてきました。根のかたちも丸いものから、細長いものまであります。生態的分類からは、大きく3群に分類できます。低温に敏感で抽苔が早いので、夏から秋に栽培する「秋だいこん群」、低温に鈍感で抽苔しにくいので、秋から春に栽培する「春だいこん群」、それに低温に非常に敏感で抽苔が早いので、夏に栽培する「夏だいこん群」です。
  栽培のポイント

  「だいこん」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地
(秋だいこん)

種まき

植えつけ

収穫

 


152025

発芽適温

15-35

生育適温

15-20

栽培のポイント

  冷涼な気候を好み、耐寒性があります。また暑さにはやや弱い性質です。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

5.8-6.8

栽培のポイント

  中性に近い弱酸性を好みます。強い酸性土壌ではかならず石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

作付け間隔

1-(2)


栽培のポイント

  連作障害がでますので、いちど栽培したところでは、少なくとも1年は栽培しないようにしてください。
  栽培のステップ

  「だいこん」を栽培するとき、種まきから収穫までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

畑の準備

(1) 酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間くらい前までに石灰を施し、よく耕します。

(2) 畝全体を30〜35センチの深さによく耕し、堆肥と油かす、化成肥料を施して埋め戻します。幅90センチ、高さ10センチほどの畝を立てます。

種まき

(1) 畝の表面を木ぎれなどで均し、条間45センチに株間30センチで、深さ1センチほどのまき穴をつけます。






(2) 1つのまき穴に、重ならないようにタネを4〜5粒まきます。1センチほど覆土を掛けて軽く転圧し、たっぷりと水を与えます。

(3) 乾燥と雑草が生えるのを抑えるために、まき穴のうえに腐葉土や籾殻をまいておきます。

間引き

(1) 本葉が1〜2枚でたころに、3本に間引きます。間引きのときには、子葉のかたちが良いものを残します。








(2) 本葉が3〜4枚のころに、2本に間引きます。

(3) 本葉が5〜6枚のころに、間引いて1本立ちにします。間引いた株は、間引き菜として利用してください。

追肥

(1) 2回目の間引きの後に、畝の両側に化成肥料を施し、土寄せします。








(2) 3回目の間引きの後に、畝の両側に化成肥料を施し、土寄せします。

(3) アブラムシやコナガなどの害虫がよくつきますので、防除を怠らないようにします。
  ただし、アブラナ科の植物なので、スミチオン系の殺虫剤を散布すると薬害がでます。

収穫

(1) 根の直径が7センチくらいになり、外側の葉が垂れるようになったら収穫の適期です。収穫が遅れると、すが入ります。

Japanese radish

Japanese radish

(2) 葉も栄養価が高いので、緑黄色野菜として利用してください。
  おもな病害虫

  「だいこん」には、アブラムシが大敵です。コナガやヨトウムシなどにも注意が必要です。
  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに