はくさい(白菜)


    プロフィール

  アブラナ科アブラナ属の二年草で、学名は Brassica campestris var. amplexicaulis。
  中国の北部が原産です。わが国へは江戸時代の終わりに渡来し、明治時代に本格的に普及しました。葉は結球性で、中心部から巻いていきます。春に中心部から花茎を伸ばして、黄色い花を咲かせます。中国では「だいこん」、豆腐とともに、養生三宝と呼ばれる健康食品です。
  系統・品種と用途

  「はくさい」は、市場に出回る種類としては、「春はくさい」、「夏はくさい」それに「秋冬はくさい」に大別されます。また形態的には、「結球はくさい」と「半結球はくさい」に、さらに「結球はくさい」はその結球形態(球被り)から、「包被型(葉と葉が重なり合う)」と「抱合型(葉と葉が抱き合う)」に分けられます。
  栽培のポイント

  「はくさい(中・晩生種)」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ

収穫

 


152025

発芽適温

18-22

生育適温

15-20

栽培のポイント

  高温や低温に弱く、比較的適温の幅が狭い野菜です。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

6.5-7.0

栽培のポイント

  ほとんど中性に近い土壌を好みます。酸性土壌ではかならず石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

作付け間隔

2-(3)


栽培のポイント

  「根こぶ病」などの連作障害がでますので、いちど栽培したところでは、少なくとも2年は栽培しないようにしてください。
  栽培のステップ

  「はくさい」を栽培するとき、種まきから収穫までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

種まき

(1) 連結ポットまたは3号ポットにタネまき用土を入れ、4〜5粒ずつ点まきします。




(2) 3ミリほどの覆土をして、軽く押さえ、十分に水を与えます。

畑の準備

(1) 酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間くらい前までに、1平方メートルあたり100gの苦土石灰を施し、よく耕します。

(2) 畝全体に、1平方メートルあたり2kgの完熟堆肥と100gほどの有機配合肥料を施し、よく混ぜ込みます。幅90センチ、高さ10センチほどの畝を立てます。

間引き
植えつけ

(1) 本葉が1〜2枚のころに3本に間引き、本葉が3〜4枚くらいのころに2本立ちにします。








(2) 本葉が4〜5枚になったころ、条間45センチ、株間40〜50センチの間隔に2本立ちのまま植えつけます。(極早生種は、株間30センチほどです。)

間引き
追肥

(1) 本葉が6〜7枚になったころ、生育が遅れたものを間引き1本立ちにします。また株元に少し土寄せします。








(2) 定植後3週間くらいから、2週間に1回の割合で、化成肥料を株の周りに追肥として与えます。

(3) アブラムシやコナガなどの害虫がよくつきますので、防除を怠らないようにします。
  ただし、アブラナ科の植物なので、スミチオン系の殺虫剤を散布すると薬害がでます。

収穫

(1) 球頭がかたく締まってきたら、球と外葉とのあいだに包丁を入れて切り取り収穫します。








(2) 長く収穫するには、寒さよけのために外葉を縛っておきます。

(3) 収穫した「はくさい」を保存するときは、新聞紙にくるんで冷暗所に置くようにします。

(4) 抽苔(とうだち)したときは、花茎を「なばな」として利用します。
  おもな病害虫

  「はくさい」には、コナガの幼虫が大敵です。アブラムシやヨトウムシなどにも注意が必要です。
  写真提供: 「ボタニックガーデン」  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに