はつかだいこん(二十日大根)


    プロフィール

  アブラナ科ダイコン属の一年草で、学名は Raphanus sativus var. sativus。
  ヨーロッパから中央アジアが原産です。わが国へは明治時代に導入され、「ラディッシュ」とも呼ばれます。小型だいこんの極早生種で、根の直径は2センチほどです。品種によって、根の形状や色はさまざまで、ふつう春・秋なら30〜40日、夏なら25日、冬でも50〜80日で収穫できます。
  系統・品種と用途

  「はつかだいこん」は、ふつうサラダや酢の物、一夜漬けなどにして食べます。葉は栄養価が高く、間引き菜もサラダや一夜漬けに利用できます。一年中、栽培することができますが、真夏だけは病虫害をうけやすく、品質もよくないので、耐暑性品種以外は避けた方がいいかもしれません。冷蔵庫で保存する場合は、葉を切り落としておきます。
  栽培のポイント

  「はつかだいこん」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ

収穫

 


152025

発芽適温

15-20

生育適温

15-20

栽培のポイント

  冷涼な気候を好み、いつでも栽培できます。ただ真夏は病虫害をうけやすく、また品質もよくないので、耐暑性品種以外は避けた方が賢明です。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

5.5-6.5

栽培のポイント

  酸性に弱いので、酸性土壌ではかならず石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

作付け間隔

1-(2)


栽培のポイント

  比較的、連作にも耐えますが、根こぶ病が発生するので、いちど栽培したところでは、少なくとも1年は栽培しないようにしてください。
  栽培のステップ

  「はつかだいこん」を栽培するとき、種まきから収穫までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

畑の準備

(1) 酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間くらい前までに石灰を施し、よく耕します。

(2) 畝の全面に、堆肥と油かす、化成肥料をまいて20センチくらいの深さによく耕します。幅90センチ、高さ10センチほどの畝を立てます。

種まき

(1) ベッドを丁寧に均し、畝と直角の方向に15センチ間隔で、深さ1センチの溝をつけます。




(2) タネを1センチくらいの間隔で蒔きます。覆土は1センチほどです。

(3) 播種後は、発芽するまで十分に水を与えます。

間引き

(1) 発芽が揃ったころ、とくに混み合っているところを間引きます。








(2) 本葉が1枚のころ、3〜4センチ間隔に間引きます。

(3) 本葉が3枚のころ、6〜7センチ間隔になるように間引きます。株間が狭いと、根がうまく肥大しません。

追肥

(1) 最後に間引いた後、条間に化成肥料を施し、よく土と混ぜ込むか、液肥を与えます。




(2) 根が肥大しはじめたら、株元に土寄せしておきます。

収穫

(1) タネまき後、春・秋なら30〜40日くらいで収穫適期となります。






(2) 根の直径が2〜3センチくらいになったころを目安に収穫します。とり遅れると、「す」が入ったり肩部が割れたりします。
  おもな病害虫

  「はつかだいこん」には、アブラムシ類やアオムシ、コナガなどの害虫がつきます。
  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに