にら(韮)


Leek     プロフィール

  ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium tuberosum。
  東アジアが原産で、わが国へは9世紀ごろ薬用として渡来しました。8月から9月ごろ、花茎を伸ばして散形花序をだし、小さな白い星形の花を咲かせます。ニラ臭さはなく甘い香りがあります。中国料理や朝鮮料理の素材となりますが、軟白栽培した葉は黄ニラ、花茎は花ニラと呼ばれています。カロチンの含有率が非常に高く、他の栄養素も豊富に含むそうです。
  系統・品種と用途

  「にら」は、あちこちに雑草化していることからわかるように、とても丈夫で育てやすい野菜です。いちど植えれば、毎年2〜3回の収穫ができます。ただ良い葉を収穫するには、3〜4年ごとに株分けやタネまきなどで株を更新することが必要です。
  栽培のポイント

  「にら」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ
 (翌年)

収穫
 (翌年以降)

 


152025

発芽適温

17-22

生育適温

15-25

栽培のポイント

  冷涼な気候を好むため、夏は風通しのよい場所で栽培します。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

6.0-6.5

栽培のポイント

  中性に近い、弱酸性を好みます。強い酸性土壌ではかならず石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

作付け間隔

2-(3)


栽培のポイント

  あまり連作障害はでませんが、いちど栽培したところでは、少なくとも2年は栽培しないようにしてください。
  栽培のステップ

  「にら」を栽培するとき、種まきから収穫までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

種まき・育苗

(1) タネは発芽しにくいので、まく前に一晩、水に漬けておきます。

(2) 苗床は石灰で中和したあと、堆肥と油かす、化成肥料をよくすき込んでおきます。
  よく均したあと、畝の直角方向に、条間10センチで深さ1センチほどのまき溝をつけ、1センチ間隔くらいにばらまきします。覆土は5ミリくらい掛けるようにします。

(3) 草丈が20センチくらいになるまで育苗します。ときどき、化成肥料か液肥を追肥として与えます。

畑の準備

(1) 酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間くらい前までに石灰を施し、よく耕します。

(2) 畝に深さ10センチほどの溝を堀り、堆肥と油かす、鶏糞、化成肥料を入れて埋め戻します。幅90センチ、高さ10センチほどの畝を立てます。

植えつけ

(1) 草丈が20センチくらいに育ったころ、根を傷めないように掘りあげます。

(2) 条間20〜25センチ、株間10〜15センチくらいで、3条植えにします。1か所に3〜4株ずつまとめて植えつけます。

(3) 65センチのプランターなら、株間10センチくらいに3〜4株ずつまとめて植えつけます。

追肥・管理

(1) 1か月に1回くらい、生育をみながら油かすや化成肥料を追肥として与えます。

(2) 乾燥しやすい畑では、株元に敷きわらをして夏の乾燥を防ぎます。

(3) 根が混み合ってくると品質が落ちるので、3〜4年がたって株が大きくなり、根元が混み合ってきたら、株分けしてください。

収穫

(1) 草丈が20〜25センチになったら収穫します。地上4〜5センチのところから刈り取ります。刈り取り後はすぐに追肥して、芽生えを促します。

Leek

Leek

(2) 夏になると、抽苔(とうだち)するので、早めに摘み取って株が弱らないようにします。抽苔した花茎と蕾は「花にら」と呼ばれ、食べることができます。
  おもな病害虫

  「にら」には、あまり病虫害がありません。アブラムシがつくことがありますが、ウイルスを媒介するので早期に駆除します。
  写真提供: 「ボタニックガーデン」  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに