ささげ(大角豆)


Cow pea     プロフィール

  マメ科ササゲ属の一年草で、学名は Vigna unguiculata。
  アフリカ北部のエチオピアが原産だと考えられています。わが国へも平安時代にはすでに渡来していて、栽培されてきました。名前の由来は、莢の先が上に反り返り、捧げもつ手の形に似ていることから。
  莢が長く伸びる「じゅうろくささげ(十六大角豆)」と呼ばれる品種群もあります。
  系統・品種と用途

  「ささげ」の莢は、ふつう10〜30センチの長さになります。未熟でまだ緑色の若い莢を茹でて食べるほか、完熟したマメを、煮豆や赤飯、強飯に混ぜて利用されます。とくに米との混炊には、「あずき(小豆)」のように煮くずれしないのでもっぱら本種が用いられます。「いんげんまめ」とは異なり、真夏にも結実します。地方によって「はたささげ(畑大角豆)」や「やっこささげ(奴大角豆)」とも呼ばれます。
  「じゅうろくささげ」の莢は、30〜90センチの長さになります。地方によって「ながささげ(長大角豆)」や「さんじゃくささげ(三尺大角豆)」、「ふうろまめ」といった呼び名があります。
  栽培のポイント

  「ささげ」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ

収穫

 


152025

発芽適温

20-25

生育適温

20-25

栽培のポイント

  高温性で乾燥を好み、日照りには強い作物です。ただし低温には弱く、霜にあうと枯死します。生育には10℃以上が必要で、遅霜の心配がなくなってから植えつけます。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

6.0-6.5

栽培のポイント

  酸性に弱いので、酸性土壌ではかならず石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。土性はあまり選びません。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

作付け間隔

2-(3)


栽培のポイント

  連作を嫌うので、いちど栽培したところでは、少なくとも2年は栽培しないようにしてください。
  栽培のステップ

  「ささげ」を栽培するとき、種まきから収穫までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

種まき・育苗

(1) 3号ポットに用土(培養土)を入れ、タネを3〜4粒、間隔をあけて、人差し指1節くらいの深さにあけた穴にまきます。1センチほどの覆土をして、軽く手で押さえます。

Cow pea

Cow pea

(2) たっぷりと水を与え、植えつけまで日当たりのよいところで育てます。

畑の準備

(1) 酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間くらい前までに石灰を施し、よく耕します。

(2) 畝に、深さ20〜30センチの溝を掘って元肥(堆肥と化成肥料)を入れます。これを埋め戻し、幅90センチ、高さ10センチほどの畝を立てます。
  肥料とくに窒素分は少なめに施肥します。肥料が多いといわゆる「つるぼけ」を起こし、収穫量が減ってしまいます。

植えつけ

(1) 本葉が2枚のころ、成長の遅れているものを間引き2本にします。さらに本葉が4枚になったころ1本に間引きます。

Cow pea

Cow pea


(2) 畝に、条間45センチ、株間45センチで植え穴をあけ、苗を植えつけます。8号鉢に1株、65センチのプランターなら2株が植えられます。

(3) 植えつけの後にもたっぷりと水を与えます。

整枝・追肥
支柱立て

(1) 本葉が5枚になったら、先端を摘芯してわき芽をだすようにします。この枝に実がつくようになります。

Cow pea

Cow pea


(2) つるあり種では、2メートルくらいの支柱を立て、ネットを張って誘引します。

(3) 花が咲く頃、化成肥料を株元にまいて土寄せします。

収穫

(1) 夏に、黄白色または薄紫色の花を咲かせます。莢の収穫まであと一歩です。

Cow pea

Cow pea

Cow pea


(2) 莢を食べるものは、莢がふくらんできたら収穫時期です。

(3) マメを食べるものは、秋まで育てて完熟させます。
  おもな病害虫

  「ささげ」には、アブラムシ類の害虫がつきます。また菌核病やうどんこ病、赤色斑点病などの病気も発生します。
  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに