たいさい(体菜)


Pak choi     プロフィール

  アブラナ科アブラナ属の一年草で、学名は Brassica rapa var. chinensis。
  中国の揚子江流域が原産です。この「たいさい」型の栽培品種は、わが国へも古くに渡来し、体菜や長岡菜などの地方品種も生まれています。青茎の「チンゲンさい」も、昭和40年代の終わりごろに導入されました。今では、葉柄が浅緑色のものを「チンゲンさい(青梗菜)」、白色のものを「パクチョイ(白菜)」と呼ぶように統一されています。
  系統・品種と用途

  「たいさい」型のなかでは、「チンゲンさい」がもっとも一般的に栽培されています。また「せっぱくたいさい(雪白体菜)」は、おもに「つまみ菜」用として利用されています。
  栽培のポイント

  「たいさい」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ
 

収穫

 


152025

発芽適温

20-25

生育適温

15-20

栽培のポイント

  冷涼な気候を好みますが、耐寒性や耐暑性があり、簡単な保温や遮光をすると、早春から秋まで栽培できます。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

6.5-7.0

栽培のポイント

  ほとんど中性に近い土壌を好みます。酸性土壌ではかならず石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

作付け間隔

2-(3)


栽培のポイント

  「根こぶ病」などの連作障害がでますので、いちど栽培したところでは、少なくとも2年は栽培しないようにしてください。
  栽培のステップ

  「たいさい」を栽培するとき、種まきから収穫までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

畑の準備

(1) 酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間くらい前までに石灰を施し、よく耕します。

(2) 畝全体に堆肥と油かす、化成肥料を施し、よく混ぜ込みます。幅90センチ、高さ10センチほどの畝を立てます。

種まき

(1) 3号ポットまたは連結ポットにタネまき用土を入れ、4〜5粒ずつ点まきします。3〜5ミリの覆土をして、軽く押さえ、十分に水を与えます。

(2) 畝と直角方向に20センチ間隔でまき溝をつけ、1センチ間隔で直まきしても構いません。




植えつけ

(1) ポットまきのときは、本葉が出たころに間引き、1本立てにします。本葉が4〜5枚になったころ、15〜20センチ間隔に植えつけます。

(2) 本葉が出たころから葉が触れあわないように間引いていき、本葉か4〜5枚になったころに15〜20センチ間隔にします。








追肥
害虫防除

(1) 定植後2週間くらいのころ、株間に化成肥料を追肥として与えます。






(2) 第1回目追肥の半月後に、化成肥料を追肥として与えます。

(3) アブラムシやコナガなどの害虫がよくつきますので、防除を怠らないようにします。
  ただし、アブラナ科の植物なので、スミチオン系の殺虫剤を散布すると薬害がでます。

収穫

(1) 播種後、春は45〜55日、夏は35〜45日、秋は50〜65日くらいで収穫できます。










(2) 株が大きくなりすぎると品質が悪くなります。できるだけ早く収穫してください。

(3) 春早くまいて、12〜13℃以下の低温にあうと花芽ができ、すぐに抽苔(とうだち)します。その前に収穫してください。
  おもな病害虫

  「たいさい」には、コナガの幼虫が大敵です。アブラムシやヨトウムシなどにも注意が必要です。
  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに