たかな(高菜)


    プロフィール

  アブラナ科アブラナ属の一年草で、学名は Brassica juncea var. integlifolia。
  中国が原産で、「からしな」の変種です。わが国へは平安時代以前に導入され、現在では西日本で広く栽培されています。また地方品種も多く、三池高菜や勝男菜、紫高菜、長崎高菜、筑後高菜、柳川高菜などがあります。葉や茎は柔らかくて辛味があり、主に漬け物に利用されます。
  系統・品種と用途

  「たかな」は、九州地方を中心に栽培されている、代表的な漬け菜です。冬から早春にかけて、抽苔(とうだち)し始めたころのピリッとした辛みと香りが特徴です。
  栽培のポイント

  「たかな」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

温暖地

種まき

植えつけ

収穫
 (翌年)

 


152025

発芽適温

20-25

生育適温

15-20

栽培のポイント

  幼苗期には暑さや寒さに強いですが、大株になると寒さに弱いので、寒冷地では霜よけが必要です。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

6.0-6.5

栽培のポイント

  ほとんど中性に近い弱酸性の土壌を好みます。強い酸性土壌ではかならず石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

作付け間隔

1-(2)


栽培のポイント

  連作障害がでますので、いちど栽培したところでは、少なくとも1年は栽培しないようにしてください。
  栽培のステップ

  「たかな」を栽培するとき、種まきから収穫までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

畑の準備

(1) 酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間くらい前までに石灰を施し、よく耕します。

(2) 畝に深さ20センチほどの溝を掘り、堆肥肥と油かす、化成肥料を施して埋め戻します。幅90センチ、高さ10センチほどの畝を立てます。

種まき

(1) 畝の表面をレーキなどで均し、45センチ間隔に2条、深さ1〜2センチほどのまき溝をつけます。






(2) まき溝に、タネを1センチ間隔でまきます。1センチほどの覆土を掛け、軽く転圧します。

間引き

(1) 本葉が2〜3枚のころに、10センチ間隔に間引きします。








(2) 生育をみながら間引いていき、最終的に株間が20センチくらいになるようにします。

(3) 間引き菜も利用できます。

追肥

(1) 本葉が7〜8枚になったころと、葉が重なり始めたころに、株間に化成肥料を追肥として施します。






収穫

(1) 播種後7週間くらいたち、株が大きく育ってきたら収穫します。寒さにあてると味が凝縮してきます。




(2) 草丈が20センチくらいになった株を、根ごと引き抜いて収穫します。

(3) 春になると、株が大きくなるので、下の葉から摘み取って収穫します。
  おもな病害虫

  「たかな」は冷涼期に生育するので、あまり害虫はみられませんが、生育初期にアブラムシなどがつくことがあります。また連作すると、根こぶ病が発生しやすくなるので注意が必要です。
  写真提供: 「ボタニックガーデン」  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに