とうもろこし(玉蜀黍)


    プロフィール

  イネ科トウモロコシ属の一年草で、学名は Zea mays。
  南アメリカのアンデス山麓が原産だと考えられています。15世紀末にコロンブスによってヨーロッパに伝えられ、アジアには16世紀のはじめ、わが国へは安土桃山時代に伝えられました。
  鮮度がいのちの「とうもろこし」は、夏のホームガーデンには欠かせない野菜です。
  系統・品種と用途

  「とうもろこし」の系統には、食用のスイートコーン(甘味種)やポップコーン(爆裂種)、フリントコーン(硬粒種)、ワキシーコーン(もち種)、それに飼料用のデントコーン(馬歯種)などがあります。
  現在、ホームガーデンで栽培されている系統は、ほとんどがスイートコーンで、実の色によって黄粒種や白粒種、バイカラー種などに分けられます。
  栽培のポイント

  「とうもろこし」を栽培するにあたっての基本条件および栽培のポイントはつぎのとおりです。なお作型は、品種によって異なる場合がありますので、タネ袋に記載されている内容をよく確認してください。

気候区分

作業

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12
温暖地
種まき

植えつけ

収穫

 


152025

発芽適温

25-30

生育適温

20-30

栽培のポイント

  高温と十分な日当たりを好みます。寒さにはとても弱いので、暖かくなってから種をまきます。

 

pH

5.06.07.0

土壌酸度

5.7-7.5

栽培のポイント

  強い酸性土壌ではかならず石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。吸肥力が旺盛なので、腐食質に富んだ肥沃な土壌が向いています。

 


0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

作付け間隔

1-(2)


栽培のポイント

  あまり連作障害はでませんが、連作すると生育が悪くなります。少なくとも1年は栽培しないほうが無難です。
  栽培のステップ

  「とうもろこし」を栽培するとき、種まきから収穫までの作業ステップは、およそつぎのようになります。ここでは、小さなホームガーデンを想定した一般的な方法を説明しています。

 

ステップ

内容

種まき・育苗

(1) 3号ポットにタネまき用土を入れ、タネを2〜3粒、人差し指1節くらいの深さにあけた穴にまきます。覆土をして、軽く手で押さえます。

Corn


(2) たっぷりと水を与え、植えつけまで日当たりのよいところで育てます。本葉が2枚になったころ、2本立てにします。

畑の準備

(1) 酸性土壌にやや弱いので、植えつけの2週間くらい前までに石灰を施し、よく耕します。

(2) 畝の中央に、深さ15〜20センチの溝を掘って元肥(堆肥と化成肥料)を入れます。これを埋め戻し、幅90センチ、高さ10センチほどの畝を立てます。

植えつけ

(1) 本葉が3〜4枚に育ったころ、条間45〜60センチ、株間30センチ間隔で植え穴をあけ、根を傷めないように注意して苗を植えつけます。鉢やプランターでの栽培は、かなり難しいです。






(2) 自家受粉では実入りが悪く、歯抜け状になりがちなので、2株以上を同時に育てることがポイントです。

追肥
雌花の整理

(1) 本葉が5〜6枚に育ったころ、間引いて1本立ちにします。このとき、残す株を痛めないようにハサミで切りようにします。










(2) 高さが30〜50センチくらいになったら、化成肥料を株元にまいて土寄せします。地際から生える腋芽は、根の発育を促し倒伏防止のためにも有効なので残しておきます。
  生育が悪いときには、雄花が咲いたころに、さらに追肥します。

(3) 雌花(雌穂)に雌しべ(絹糸)が出始めたら、一番上の1本を残して他の雌花をかき取ります。
  かき取った雌花は、ヤングコーン(未熟果)として利用します。

収穫

(1) 受粉してから3週間くらいで収穫できます。雌しべ(絹糸)の先端が褐色になり、すこし縮れたころが適期です。つかんで中の手応えがあったら、元からもぎ取ってください。収穫の適期は3日ほどと短いので、注意が必要です。









  おもな病害虫

  「とうもろこし」には、アワノメイガなどの害虫がつきます。黒穂病やごま葉枯病などの病気も発生します。
Corn

Corn
    おもしろ百科

  「デントコーン」

  酪農地帯を歩いていると、よく背丈の高い青々とした「デントコーン」の畑をみかけます。家畜の飼料用の「とうもろこし」で、秋に収穫され、細かく裁断して他の牧草とともにサイロに詰めて保存されます。サイロのなかでは、適度に乳酸発酵が行われ、腐らないために年間を通じて飼料として利用されます。

  写真提供: 「北海道農政部」、「ボタニックガーデン」
  イラスト: 「ころぽっくる」 by lemさん
[Home]



大地の歓びをつたえ、ホームガーデンとともに